Slackware Linux 15.0/ 最新版 util-linux の複数の脆弱性 (SSA:2022-046-02)

medium Nessus プラグイン ID 158105

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、util-linux のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている util-linux のバージョンは、2.37.4 より前です。したがって、SSA:2022-046-02 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Readline サポート付きでコンパイルされる際に、util-linux chfn および chsh ユーティリティに欠陥が見つかりました。Readline ライブラリは、INPUTRC 環境変数を使用して、ライブラリ構成ファイルへのパスを取得します。ライブラリが指定されたファイルを解析できない場合、ファイルからのデータを含むエラーメッセージを出力します。この欠陥により、権限のないユーザーが root が所有するファイルを読み取ることができ、権限昇格につながる可能性があります。
この欠陥は、2.37.4 より前の util-linux バージョンに影響を与えます。(CVE-2022-0563)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける util-linux パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 158105

ファイル名: Slackware_SSA_2022-046-02.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/2/16

更新日: 2022/3/8

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 1.9

Temporal Score: 1.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0563

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:util-linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2022-0563