OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2022-0007)

high Nessus プラグイン ID 158127

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています :

-BlueZ の不適切なアクセス制御により、認証されたユーザーが隣接アクセスを介した情報開示を可能にする可能性があります。(CVE-2021-0129)

- eventpoll.c の ep_loop_check_proc では、メモリ解放後使用 (Use After Free) によるメモリ破損の可能性があります。
これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: AndroidカーネルAndroid ID:
A-204573007References: Upstream カーネル (CVE-2021-1048)

- Linux カーネル OverlayFS サブシステムで、ユーザーが OverlayFS で特定の方法で名前を変更する際に、ファイルオブジェクトへのアクセスに競合状態が発生することが判明しました。ローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムをクラッシュする可能性があります。
(CVE-2021-20321)

- Linux カーネルの Bluetooth サブシステムで、ユーザーの呼び出しがソケットに接続し、競合状態により同時に切断する方法で、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、権限を昇格させたりする可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です。(CVE-2021-3752)

- Linux カーネルの drivers/tty/vt/vt_ioctl.c の vt_k_ioctl で競合問題が発生しました。これにより、vc_mode への書き込みアクセスが lock-in vt_ioctl (KDSETMDE) で保護されていないため、vt で領域外読み取りが発生する可能性があります。この脆弱性による主な脅威は、データの機密性に関するものです。(CVE-2021-3753)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-0129.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-1048.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-20321.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-3752.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-3753.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-4155.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2022-0007.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158127

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2022-0007.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

公開日: 2022/2/17

更新日: 2022/5/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.9

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3752

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-1048

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/1

脆弱性公開日: 2021/1/11

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2021-0129, CVE-2021-1048, CVE-2021-3752, CVE-2021-3753, CVE-2021-4155, CVE-2021-20321