FreeBSD : seatd-launch -- remove files with escalated privileges with SUID (1cd565da-455e-41b7-a5b9-86ad8e81e33e)

high Nessus プラグイン ID 158217

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、1cd565da-455e-41b7-a5b9-86ad8e81e33eのアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Kenny Levinsen 氏の報告:sheetd-launch は内部で生成されたソケットパスの代わりにユーザー指定のソケットパスを使用する可能性があり、使用する前にソケットパスのリンクを解除して、残りのソケットとの衝突を防ぎます。これはセッションの期間中、呼び出し元がどのファイルパスをリンク解除し、ユーザーが所有するソケットに置き換えるかを自由に制御できることを意味します。eatd-launch に SUID ビットが設定されている場合、悪意のあるユーザーがこれを使用して、root である可能性が高いseatd-launch の所有者の権限でファイルを削除し、ユーザーが所有するドメインソケットで置き換える可能性があります。これは既存のファイルのコンテンツを直接取得することを許可していません。また、現時点では、ユーザーが所有するソケットファイルは、さらなる悪用に直接つながるとは考えられていません。(1cd565da-455e-41b7-a5b9-86ad8e81e33e)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?0de37a82

http://www.nessus.org/u?117527c6

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158217

ファイル名: freebsd_pkg_1cd565da455e41b7a5b986ad8e81e33e.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2022/2/22

更新日: 2022/2/22

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:freebsd:freebsd:*:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:seatd:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/21

脆弱性公開日: 2022/2/21