Slackware Linux 14.0 / 14.1 / 14.2 / 15.0 / 最新版 expat の複数の脆弱性 (SSA:2022-050-01)

critical Nessus プラグイン ID 158245

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、expat のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている expat のバージョンは 2.4.3 / 2.4.5 より前のです。したがって、次に記載されている複数の脆弱性の影響を受けます : SSA:2022-050-01 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat ) の xmltok_impl.c には、UTF-8 文字が特定のコンテキストで有効かどうかのチェックなど、エンコーディングの特定の検証がありません。 (CVE-2022-25235)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) の xmlparse.c により、攻撃者が名前空間 URI に名前空間セパレーター文字を挿入することが可能です。 (CVE-2022-25236)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) では、攻撃者が DTD 要素のネストの深さを深くすることで、build_model でスタック枯渇を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-25313)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) では、copyString に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-25314)

- 2.4.5より前の Expat (別名 libexpat) では、storeRawNames に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-25315)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける expat パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 158245

ファイル名: Slackware_SSA_2022-050-01.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/2/22

更新日: 2022/5/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-25315

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:expat, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.0, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.1, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/2/16

参照情報

CVE: CVE-2022-25235, CVE-2022-25236, CVE-2022-25313, CVE-2022-25314, CVE-2022-25315