Oracle Linux 7:カーネル (ELSA-2022-0620 )

high Nessus プラグイン ID 158268

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 7 ホストに、ELSA-2022-0620 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- eventpoll.cのdo_epoll_ctlおよびep_loop_check_procにおいて、論理エラーによるメモリ解放後使用(Use After Free)の可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。
悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: AndroidカーネルAndroid ID:
A-147802478References: Upstream カーネル (CVE-2020-0466)

- hid-multitouch.cのさまざまなメソッドでは、境界チェックが欠落しているために領域外書き込みが発生する可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。
悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: AndroidカーネルAndroid ID:
A-162844689References: Upstream カーネル (CVE-2020-0465)

- LinuxカーネルHCIサブシステムの関数hci_sock_bound_ioctl()のメモリ解放後使用(Use After Free)が、ユーザーがioct HCIUNBLOCKADDRを呼び出す方法、またはhci_sock_blacklist_add()、hci_sock_blacklist_del()、hci_get_conn_info()、hci_get_auth_info()の呼び出しの1つとともにhci_unregister_dev()呼び出しの競合状態をトリガーする方法で見つかりました。権限のあるローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュしたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。この欠陥は、5.13-rc5 より前の Linux カーネルバージョンに影響を与えます。(CVE-2021-3573)

-ユーザーが悪意のあるHCI TTY Bluetoothデバイスをアタッチする際に、LinuxカーネルHCIデバイス初期化サブシステムに二重解放のメモリ破損の欠陥が見つかりました。ローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムをクラッシュする可能性があります。この欠陥は3.13から始まるすべてのLinuxカーネルバージョンに影響を与えます。 (CVE-2021-3564)

- Linux カーネルの Bluetooth サブシステムで、ユーザーの呼び出しがソケットに接続し、競合状態により同時に切断する方法で、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥により、ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、権限を昇格させたりする可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です。 (CVE-2021-3752)

- kernel:TLB フラッシュの欠如による権限昇格の可能性 (CVE-2022-0330)

- kernel:usercopy の失敗によるメモリ解放後使用 (use-after-free) の悪用 (CVE-2022-22942)

- af_unix.c の unix_scm_to_skb に、競合状態によるメモリ解放後使用 (use-after-free) のバグの可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: AndroidカーネルAndroid ID:A-196926917References:
Upstream カーネル (CVE-2021-0920)

- kernel: xfs: XFS_IOC_ALLOCSP IOCTL の raw ブロックデバイスデータ漏えい (CVE-2021-4155)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-0620.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158268

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-0620.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/2/23

更新日: 2023/2/1

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.9

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3752

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0330

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:bpftool, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/23

脆弱性公開日: 2020/12/14

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

エクスプロイト可能

Metasploit (vmwgfx Driver File Descriptor Handling Priv Esc)

参照情報

CVE: CVE-2020-0465, CVE-2020-0466, CVE-2021-0920, CVE-2021-3564, CVE-2021-3573, CVE-2021-3752, CVE-2021-4155, CVE-2022-0330, CVE-2022-22942