SUSE SLED15/ SLES15セキュリティ更新プログラム: webkit2gtk3 (SUSE-SU-2022:0705-1)

high Nessus プラグイン ID 158597

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLED15/ SLES15ホストには、SUSE-SU-2022:0705-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- バッファオーバーフローの問題が、メモリ処理を改善することで対処されました。この問題は、tvOS 15.2、macOS Monterey 12.1、Safari 15.2、iOS 15.2および iPadOS 15.2、watchOS 8.3で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2021-30934)

- メモリ管理を改善することで、メモリ解放後使用 (Use After Free) の問題に対処しました。この問題は、tvOS 15.2、macOS Monterey 12.1、Safari 15.2、iOS 15.2および iPadOS 15.2、watchOS 8.3で修正されています。悪意を持って細工されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2021-30936、CVE-2021-30951)

- 入力検証の改善により、整数オーバーフローが対処されました。この問題は、tvOS 15.2、macOS Monterey 12.1、Safari 15.2、iOS 15.2および iPadOS 15.2、watchOS 8.3で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2021-30952)

- 境界チェックを改善することによって領域外読み取りの問題に対処しました。この問題は、tvOS 15.2、macOS Monterey 12.1、Safari 15.2、iOS 15.2および iPadOS 15.2、watchOS 8.3で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2021-30953)

- 型の取り違えの問題が、メモリ処理を改善することで対処されました。この問題は、tvOS 15.2、macOS Monterey 12.1、Safari 15.2、iOS 15.2および iPadOS 15.2、watchOS 8.3で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2021-30954)

- 状態処理を改善することで、競合状態が対処されました。この問題は、tvOS 15.2、macOS Monterey 12.1、Safari 15.2、iOS 15.2および iPadOS 15.2、watchOS 8.3で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2021-30984)

- 2.32.4より前の WebKitGTK で、WebCore に不適切なメモリ割り当てがあります:: ImageBufferCairoImageSurfaceBackend: : create。セグメンテーション違反とアプリケーションクラッシュを引き起こします。これは CVE-2021-30889とは別の脆弱性です。 (CVE-2021-45481)

- 2.32.4より前の WebKitGTK では、WebCore に メモリ解放後使用 (Use-After-Free) があります。: ContainerNode: : firstChild。これは CVE-2021-30889とは異なる脆弱性です。(CVE-2021-45482)

- 2.32.4より前の WebKitGTK では、WebCore に メモリ解放後使用 (Use-After-Free) があります。: Frame: : page。これは CVE-2021-30889とは異なる脆弱性です。 (CVE-2021-45483)

入力のサニタイズを改善することで、入力検証の問題に対処しました。この問題は、iOS 15.3、iPadOS 15.3、watchOS 8.4、tvOS 15.3、Safari 15.3、macOS Monterey 12.2で修正されています。悪意を持って細工されたメールメッセージを処理すると、任意の javascript が実行される可能性があります。(CVE-2022-22589)

- メモリ管理を改善することで、メモリ解放後使用 (Use After Free) の問題に対処しました。この問題は、iOS 15.3、iPadOS 15.3、watchOS 8.4、tvOS 15.3、Safari 15.3、macOS Monterey 12.2で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2022-22590)

- 状態管理を改善することで、ロジックの問題に対処しました。この問題は、iOS 15.3、iPadOS 15.3、watchOS 8.4、tvOS 15.3、Safari 15.3、macOS Monterey 12.2で修正されています。悪意を持って細工された Web コンテンツを処理することで、コンテンツセキュリティポリシー (CSP) の実施が妨げられる可能性があります。(CVE-2022-22592)

- メモリ管理を改善することで、メモリ解放後使用 (Use After Free) の問題に対処しました。この問題は、macOS Monterey 12.2.1、iOS 15.3.1、iPadOS 15.3.1、Safari 15.3(v. 16612.4.9.1.8および 15612.4.9.1.8) で修正されています。
悪意を持って細工された Web コンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。Apple は、この問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識しています。(CVE-2022-22620)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1195064

https://bugzilla.suse.com/1195735

https://bugzilla.suse.com/1196133

http://www.nessus.org/u?fad500a0

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30934

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30936

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30951

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30952

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30953

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30954

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30984

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-45481

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-45482

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-45483

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22589

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22590

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22592

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22620

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158597

ファイル名: suse_SU-2022-0705-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/5

更新日: 2022/11/8

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-30954

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22620

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libjavascriptcoregtk-4_0-18, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libwebkit2gtk-4_0-37, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libwebkit2gtk3-lang, p-cpe:/a:novell:suse_linux:typelib-1_0-JavaScriptCore-4_0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:typelib-1_0-WebKit2-4_0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:typelib-1_0-WebKit2WebExtension-4_0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:webkit2gtk-4_0-injected-bundles, p-cpe:/a:novell:suse_linux:webkit2gtk3-devel, cpe:/o:novell:suse_linux:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/4

脆弱性公開日: 2021/8/24

CISAの既知の悪用日: 2022/2/25

参照情報

CVE: CVE-2021-30934, CVE-2021-30936, CVE-2021-30951, CVE-2021-30952, CVE-2021-30953, CVE-2021-30954, CVE-2021-30984, CVE-2021-45481, CVE-2021-45482, CVE-2021-45483, CVE-2022-22589, CVE-2022-22590, CVE-2022-22592, CVE-2022-22620

SuSE: SUSE-SU-2022:0705-1

IAVA: 2021-A-0577-S, 2022-A-0051-S, 2022-A-0082-S