Jenkins Enterprise and Operations Center 2.277.x< 2.277.43.0.6/ 2.303.x< 2.303.30.0.5/ 2.319.3.3複数の DoS (CloudBees セキュリティアドバイザリ 2022 年 2 月 9 日)

high Nessus プラグイン ID 158672

概要

リモートの Web サーバーでホストされているジョブスケジューリング/管理システムは、複数の DoS の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート Web サーバーで実行されている Jenkins Enterprise または Jenkins Operations Center のバージョンは、2.277.43.0.6 より前の 2.277.x、2.303.30.0.5 より前の 2.303.x、および 2.319.3.3より前の 2.xです。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- XStream は、オブジェクトを XML にシリアル化したり戻したりするためのオープンソースの Java ライブラリです。1.4.19 より前のバージョンでは、この脆弱性により、リモート攻撃者が CPU の種類やペイロードのパラレル実行によっては 100% の CPU 時間を標的のシステムに割り当てる可能性があり、処理された入力ストリームを操作するだけでサービス拒否が発生する可能性があります。XStream 1.4.19は要素をコレクションに追加するのにかかる時間を監視して累積し、設定されたしきい値を超えた場合に例外をスローします。ユーザーは、至急アップグレードすることが勧められています。
アップグレードできないユーザーは、再帰を防ぐために NO_REFERENCE モードを設定する可能性があります。アップグレードが不可能な場合の回避策の詳細については、GHSA-rmr5-cpv2-vgjf を参照してください。(CVE-2021-43859)

-Jenkins 2.333以前、LTS 2.319.2以前は、脆弱性 CVE-2021-43859に対する保護を適用するために更新されていないカスタム XStream コンバーターを定義しており、制約なくリソースを使用できるようにします。 (CVE-2022-0538)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Jenkins Enterprise または Jenkins Operations Center をバージョン 2.277.43.0.6、2.303.30.0.5、2.319.3.3 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c6b52fea

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158672

ファイル名: cloudbees-security-advisory-2022-02-09.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/3/7

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0538

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cloudbees:jenkins

必要な KB アイテム: installed_sw/Jenkins

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/9

脆弱性公開日: 2022/2/1

参照情報

CVE: CVE-2021-43859, CVE-2022-0538