Mozilla Firefox < 98.0

critical Nessus プラグイン ID 158693

概要

リモートのmacOSまたはMac OS XホストにインストールされているWebブラウザは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのmacOSまたはMac OS XホストにインストールされているFirefoxのバージョンは、98.0より前のものです。したがって、mfsa2022-10 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

-フルスクリーンアクセスをリクエストした後にポップアップのサイズを変更すると、ポップアップにフルスクリーン通知が表示されませんでした。 (CVE-2022-26383)

- 攻撃者が <code>allow-popups</code> でサンドボックス化された iframe のコンテンツを制御できても、<code>allow-scripts</code>では制御できない場合、クリックすると、リンクを作成でき、サンドボックスに違反して JavaScript の実行が発生します。 (CVE-2022-26384)

- アドオンをインストールする際、Firefox はユーザーにプロンプトを表示する前に署名を検証していました。しかし、ユーザーがプロンプトを確認している間、下層のアドオンファイルが変更され、Firefox が気付かなかった可能性があります。 (CVE-2022-26387)

- 攻撃者が、SVG オブジェクトでテキストリフローを強制することでメモリ解放後使用 (Use-After-Free) を引き起こし、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。 (CVE-2022-26381)

- Autofill ツールチップに表示されるテキストを JavaScript で直接読み取ることはできませんが、テキストはページフォントを使用してレンダリングされていました。特別に細工されたフォントを使用することによるテキストのサイドチャネル攻撃により、このテキストが Web ページによって推測される可能性があります。 (CVE-2022-26382)

- 異常な状況では、シャットダウン中に、個々のスレッドがスレッドのマネージャより長く存続する可能性があります。これによりメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が発生し、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。 (CVE-2022-26385)

- Mozilla 開発者の Kershaw Chang 氏、Ryan VanderMeulen 氏、Randell Jesup 氏は、Firefox 97 に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-0843)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Firefoxをバージョン98.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2022-10/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 158693

ファイル名: macos_firefox_98_0.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2022/3/8

更新日: 2022/4/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0843

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: MacOSX/Firefox/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/8

脆弱性公開日: 2022/3/8

参照情報

CVE: CVE-2022-0843, CVE-2022-26381, CVE-2022-26382, CVE-2022-26383, CVE-2022-26384, CVE-2022-26385, CVE-2022-26387

IAVA: 2022-A-0103-S