Oracle Linux 7:Unbreakable Enterprise kernel-container (ELSA-2022-9213)

high Nessus プラグイン ID 158792

概要

リモートのOracle Linuxホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 7 ホストに、ELSA-2022-9213 アドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Linux カーネルの copy_page_to_iter_pipe 関数および push_pipe 関数で、新しいパイプバッファ構造の flags メンバーの初期化が適切に行われておらず、古い値を含む可能性があるという欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、読み取り専用ファイルに裏付けされたページキャッシュのページに書き込み、システムでの権限を昇格する可能性があります。(CVE-2022-0847)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるkernel-uek-containerパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-9213.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158792

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-9213.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/10

更新日: 2023/1/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0847

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-container, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/10

脆弱性公開日: 2022/3/7

CISAの既知の悪用日: 2022/5/16

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Dirty Pipe Local Privilege Escalation via CVE-2022-0847)

参照情報

CVE: CVE-2022-0847