Oracle Linux 8: カーネル (ELSA-2022-0825)

high Nessus プラグイン ID 158794

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 8 ホストに、ELSA-2022-0825 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Linux カーネルの kernel/cgroup/cgroup-v1.c 関数の cgroup_release_agent_write に脆弱性が見つかりました。特定の状況下で、この欠陥により、cgroups v1 release_agent 機能を使用して権限を昇格させ、名前空間の分離を予期せずバイパスする可能性があります。
(CVE-2022-0492)

- kernel:TLB フラッシュの欠如による権限昇格の可能性 (CVE-2022-0330)

- kernel:usercopy の失敗によるメモリ解放後使用 (use-after-free) の悪用 (CVE-2022-22942)

- Linux カーネルの KVM for s390 の arch/s390/kvm/kvm-s390.c 関数の kvm_s390_guest_sida_op に脆弱性が見つかりました。この欠陥により、通常のユーザー権限を持つローカルの攻撃者が、権限のないメモリ書き込みアクセス権を取得する可能性があります。この欠陥は、5.17-rc4 より前の Linux カーネルバージョンに影響を与えます。
(CVE-2022-0516)

- Linux カーネルの copy_page_to_iter_pipe 関数および push_pipe 関数で、新しいパイプバッファ構造の flags メンバーの初期化が適切に行われておらず、古い値を含む可能性があるという欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、読み取り専用ファイルに裏付けされたページキャッシュのページに書き込み、システムでの権限を昇格する可能性があります。(CVE-2022-0847)

- af_unix.c の unix_scm_to_skb に、競合状態によるメモリ解放後使用 (use-after-free) のバグの可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: AndroidカーネルAndroid ID:A-196926917References:
Upstream カーネル (CVE-2021-0920)

- kernel:TIPC を使用しているシステムのカーネルパニックによるリモートスタックオーバーフローにより、DoS が発生する可能性があります (CVE-2022-0435)

- Linux カーネルの cgroup v1 パーサーの kernel/cgroup/cgroup-v1.c の cgroup1_parse_param にメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。ユーザー権限を持つローカルの攻撃者が、fsconfig syscall パラメーターを悪用することで権限昇格を引き起こし、システムでコンテナブレイクアウトおよびサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2021-4154)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-0825.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158794

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-0825.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/10

更新日: 2022/5/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0435

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:bpftool, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-stablelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-core, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-cross-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-core, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-modules-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-modules, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-modules-extra, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python3-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/11

脆弱性公開日: 2021/12/15

CISAの既知の悪用日: 2022/5/16, 2022/6/13

エクスプロイト可能

Metasploit (Dirty Pipe Local Privilege Escalation via CVE-2022-0847)

参照情報

CVE: CVE-2021-0920, CVE-2021-4154, CVE-2022-0330, CVE-2022-0435, CVE-2022-0492, CVE-2022-0516, CVE-2022-0847, CVE-2022-22942