Oracle Linux 7 / 8 : cri-o (ELSA-2022-9229)

high Nessus プラグイン ID 159016

概要

リモートの Oracle Linux ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7 / 8ホストに、ELSA-2022-9229アドバイザリーに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- CRI-O で、ポッドのカーネルオプションを設定する方法に、欠陥が見つかりました。この問題により、CRI-O ランタイムを使用する Kubernetes クラスターにポッドをデプロイする権限がある人は誰でも、悪意のあるポッドがデプロイされていた場合、クラスターノードで root としてコンテナのエスケープと任意のコードの実行を行うこと可能です。
(CVE-2022-0811)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるcri-oパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-9229.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159016

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-9229.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/17

更新日: 2022/12/5

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0811

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:cri-o

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/18

脆弱性公開日: 2022/3/16

参照情報

CVE: CVE-2022-0811

CEA-ID: CEA-2022-0010