RHEL 8:kpatch-patch-4_18_0-147_58_1 (RHSA-2022: 0958)

high Nessus プラグイン ID 159041

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Redhat Enterprise Linux 8 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2022: 0958 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- kernel: ローカルの権限昇格が発生する可能性がある、unix_gc() でのメモリ解放後使用 (Use-After-Free) (CVE-2021-0920)

- kernel: RDMA listen() でのメモリ解放後使用 (Use-After-Free) (CVE-2021-4028)

- kernel:fget: fd が参照された後も fd がまだ存在することを確認 (CVE-2021-4083)

- kernel: xfs: XFS_IOC_ALLOCSP IOCTL の raw ブロックデバイスデータ漏洩 (CVE-2021-4155)

- kernel:TLB フラッシュの欠如による権限昇格の可能性 (CVE-2022-0330)

- kernel:cgroups v1 release_agent 機能により、権限昇格が可能になる場合があります (CVE-2022-0492)

- kernel: usercopy の失敗によるメモリ解放後使用 (use-after-free) の悪用 (CVE-2022-22942)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kpatch-patch-4_18_0-147_58_1 パッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/131.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/200.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/281.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/287.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/416.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2021-0920

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2021-4028

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2021-4083

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2021-4155

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-0330

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-0492

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-22942

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2022:0958

https://bugzilla.redhat.com/2027201

https://bugzilla.redhat.com/2029923

https://bugzilla.redhat.com/2031930

https://bugzilla.redhat.com/2034813

https://bugzilla.redhat.com/2042404

https://bugzilla.redhat.com/2044809

https://bugzilla.redhat.com/2051505

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159041

ファイル名: redhat-RHSA-2022-0958.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/17

更新日: 2022/5/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-4083

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0492

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.1, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kpatch-patch-4_18_0-147_58_1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/17

脆弱性公開日: 2021/1/11

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2021-0920, CVE-2021-4028, CVE-2021-4083, CVE-2021-4155, CVE-2022-0330, CVE-2022-0492, CVE-2022-22942

RHSA: 2022:0958

CWE: 131, 200, 281, 287, 416