Slackware Linux 14.2/ 15.0/ 最新版 openssl の脆弱性 (SSA:2022-076-02)

high Nessus プラグイン ID 159055

概要

リモートのSlackware Linuxホストに、openssl のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている openssl は、1.0.2u / 1.1.1n より前のバージョンです。したがって、SSA:2022-076-02 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- モジュラー平方根を計算する BN_mod_sqrt() 関数に、非素数の係数に対して永久にループするバグが含まれています。内部的に、この関数は圧縮形式の楕円曲線公開鍵または圧縮形式でエンコードされたベースポイントを持つ明示的な楕円曲線パラメーターを含む証明書を解析する際に使用されます。無効な明示的な曲線パラメーターを持つ証明書を作成することで、無限ループを発生させることが可能です。証明書の解析は、証明書の署名の検証前に行われるため、外部から提供された証明書を解析するプロセスは、サービス拒否攻撃を受ける可能性があります。細工された秘密鍵を解析する際に、明示的な楕円曲線パラメーターを含む可能性があるため、無限ループに達する可能性もあります。したがって、以下の脆弱な状況が含まれます:- サーバー証明書を消費する TLS クライアント - クライアント証明書を消費する TLS サーバー - 顧客から証明書または秘密鍵を取得するホスティングプロバイダー - サブスクライバーからの証明書リクエストを解析する認証局 - ASN.1 楕円曲線パラメーターを解析するその他のもの。攻撃者がパラメーター値をコントロールできる場合、BN_mod_sqrt() を使用するその他のアプリケーションは、この DoS の問題に対して脆弱です。OpenSSL 1.0.2バージョンでは、証明書の初期解析中に公開鍵が解析されないため、無限ループを発生させることがわずかに困難になります。ただし、証明書の公開鍵が必要な何らかの操作を行うと、無限ループが発生します。特に、攻撃者は自己署名証明書を使用して、証明書署名の検証中にループを発生させる可能性があります。OpenSSL バージョン 1.0.2、1.1.1 および 3.0は、この問題の影響を受けます。これは 2022 年 3 月 15 日の 1.1.1n および 3.0.2のリリースで対処されました。OpenSSL 3.0.2で修正されました (3.0.0、3.0.1 が影響を受けました)。OpenSSL 1.1.1n で修正されました (1.1.1-1.1.1m が影響を受けました)。OpenSSL 1.0.2zd で修正されました (1.0.2-1.0.2zc が影響を受けました)。(CVE-2022-0778)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける openssl パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159055

ファイル名: Slackware_SSA_2022-076-02.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/3/18

更新日: 2022/6/3

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0778

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:openssl, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:openssl-solibs, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/3/15

参照情報

CVE: CVE-2022-0778

IAVA: 2022-A-0121-S