RHEL 7/8: OpenShift Container Platform 4.8.35(RHSA-2022: 0871)

high Nessus プラグイン ID 159165

概要

リモートの Red Hat ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Redhat Enterprise Linux 7 / 8 ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2022: 0871 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- CRI-O: kernel.core_pattern カーネルパラメーターの悪用による cri-o での任意コード実行 (CVE-2022-0811)

- workflow-cps: 細工された SCM コンテンツを通じた OS コマンドの実行 (CVE-2022-25173)

- workflow-cps-global-lib: 細工された SCM コンテンツを通じた OS コマンドの実行 (CVE-2022-25174)

- workflow-multibranch: 細工された SCM コンテンツを通じた OS コマンドの実行 (CVE-2022-25175)

- workflow-cps: パイプライン関連のプラグインがシンボリックリンクに従うか、パス名を制限しない (CVE-2022-25176)

- workflow-cps-global-lib: パイプライン関連のプラグインがシンボリックリンクに従うか、パス名を制限しない (CVE-2022-25177、CVE-2022-25178)

- workflow-multibranch: パイプライン関連のプラグインがシンボリックリンクに従うか、パス名を制限しない (CVE-2022-25179)

- workflow-cps: パスワードパラメーターは、元のビルドの再生されたビルドに含まれています (CVE-2022-25180)

- workflow-cps-global-lib: サンドボックスバイパスの脆弱性 (CVE-2022-25181、 CVE-2022-25182、 CVE-2022-25183)

- パイプライン構築ステップ: 公開されたパスワードパラメーターのデフォルト値 (CVE-2022-25184)

- credentials: jenkins プラグインの蓄積型 XSS の脆弱性 (CVE-2022-29036)

- subversion:Jenkins サブバージョンプラグインの蓄積型 XSS の脆弱性 (CVE-2022-29046)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける cri-o や jenkins-2-plugins のパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-0811

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25173

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25174

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25175

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25176

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25177

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25178

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25179

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25180

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25181

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25182

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25183

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-25184

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-29036

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2022-29046

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2022:0871

https://bugzilla.redhat.com/2055719

https://bugzilla.redhat.com/2055733

https://bugzilla.redhat.com/2055734

https://bugzilla.redhat.com/2055787

https://bugzilla.redhat.com/2055788

https://bugzilla.redhat.com/2055789

https://bugzilla.redhat.com/2055792

https://bugzilla.redhat.com/2055795

https://bugzilla.redhat.com/2055797

https://bugzilla.redhat.com/2055798

https://bugzilla.redhat.com/2055802

https://bugzilla.redhat.com/2055804

https://bugzilla.redhat.com/2059475

https://bugzilla.redhat.com/2074847

https://bugzilla.redhat.com/2074851

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159165

ファイル名: redhat-RHSA-2022-0871.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/3/23

更新日: 2023/1/23

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0811

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:cri-o, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jenkins-2-plugins

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/22

脆弱性公開日: 2022/2/15

参照情報

CVE: CVE-2022-0811

RHSA: 2022:0871

CEA-ID: CEA-2022-0010

CWE: 59, 78, 79, 94, 179, 200, 522