McAfee ePolicy Orchestrator の複数の脆弱性 (SB10379)

medium Nessus プラグイン ID 159332

概要

リモートホストで実行中のセキュリティ管理アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているMcAfee ePolicy Orchestratorのインスタンスは、以下のような複数の脆弱性による影響を受けます。

- 5.10更新 13 より前の McAfee Enterprise ePolicy Orchestrator (ePO) では、ePO サーバーの復元中に、ローカルの攻撃者が ePO サーバーを任意の SQL サーバーにポイントさせる可能性があります。これを達成するには、攻撃者は ePO サーバーをホストするサーバー (管理者に限定) にログオンし、SQL サーバーのパスワードを知っている必要があります。(CVE-2022-0859)

- 5.10更新 13より前の McAfee Enterprise ePolicy Orchestrator (ePO) にブラインドSQL インジェクションの脆弱性があるため、リモートの認証された攻撃者が ePO データベースから情報を取得する可能性があります。取得されるデータは、攻撃者が持っている権限に依存しており、機密データを取得するには、管理者権限が必要です。(CVE-2022-0842)

- 5.10更新 13 より前の McAfee Enterprise ePolicy Orchestrator (ePO) に反射型クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性があるため、リモート攻撃者は、注意深く細工されたリンクをクリックするよう攻撃者を誘導して、ePO 管理者のセッションへのアクセス権を取得する可能性があります。これにより、機密情報へのアクセスが制限され、ePO の一部の情報を変更する機能が制限される可能性があります。これは脆弱性が存在するユーザーインターフェイスのエリアが原因です。(CVE-2022-0857)


Nessus はこれらの問題のテストを行っておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョンにのみ依存しています。

ソリューション

McAfee ePOバージョン5.10.0更新プログラム13以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10379

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 159332

ファイル名: mcafee_epo_sb10379.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/3/30

更新日: 2022/5/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0861

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 5.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0859

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:epolicy_orchestrator

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/McAfee ePO

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/22

脆弱性公開日: 2022/3/22

参照情報

CVE: CVE-2022-0842, CVE-2022-0857, CVE-2022-0858, CVE-2022-0859, CVE-2022-0861, CVE-2022-0862

MCAFEE-SB: SB10379

IAVA: 2022-A-0125