Spring Cloud Function SPEL Expression のインジェクション (直接チェック)

critical Nessus プラグイン ID 159375

概要

リモートホストで実行されている Spring Cloud Function は、リモートでコードが実行される脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されている Spring Cloud Function のバージョンは、ルーティング機能のリモートコード実行の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモート攻撃者が、特別に細工された SpEL をルーティング式として提供し、リモートホストでリモートコードの実行を引き起こす可能性があります。

ソリューション

Spring Cloud Function バージョン 3.1.7または 3.2.3以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://tanzu.vmware.com/security/cve-2022-22963

https://nsfocusglobal.com/spring-cloud-function-spel-expression-injection-vulnerability-alert/

https://github.com/hktalent/spring-spel-0day-poc

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 159375

ファイル名: spring_cloud_CVE-2022-22963.nbin

バージョン: 1.13

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/3/31

更新日: 2022/8/29

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22963

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:spring_cloud_function

除外される KB アイテム: Settings/disable_cgi_scanning

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/29

脆弱性公開日: 2022/3/28

CISAの既知の悪用日: 2022/9/15

エクスプロイト可能

Metasploit (Spring Cloud Function SpEL Injection)

参照情報

CVE: CVE-2022-22963