DebianDLA-2970-1:qemu - LTSセキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 159511

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートの Debian 9 ホストには、dla-2970 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- QEMU のフロッピー ディスク エミュレーターに、NULL ポインター デリファレンスの欠陥が見つかりました。この問題は、選択したフロッピー ドライブがブロック デバイスで初期化されていない場合、読み取り/書き込み ioport コマンドの処理中に発生します。
この欠陥により、権限のあるゲストがホスト上で QEMU プロセスをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性です。(CVE-2021-20196)

- QEMU の SLiRP ネットワーキングの実装で、無効なポインター初期化の問題が見つかりました。この欠陥は udp6_input() 関数に存在し、「udphdr」構造のサイズよりも小さいudpパケットを処理する際に発生する可能性があります。この問題は、領域外の読み取りアクセスまたはゲストに対する間接的なホストメモリ漏洩につながる可能性があります。この脆弱性による主な脅威は、データの機密性に関するものです。この欠陥は、4.6.0 より前の libslirp バージョンに影響を与えます。(CVE-2021-3593)

- QEMU の virtio-net デバイスにメモリ解放後使用 (use-after-free) の脆弱性が見つかりました。これは、記述子のアドレスが非直接アクセス領域に属している場合に発生する可能性があります。virtqueue elem がマップ解除された後に num_buffers が設定されるためです。悪意あるゲストがこの欠陥を使用して、QEMU をクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こしたり、QEMU プロセスの権限を使って、ホスト上でコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2021-3748)

- QEMU の SCSI デバイスエミュレーションで off-by-one エラーが見つかりました。「page」引数が MODE_PAGE_ALLS (0x3f) に設定されている場合、mode_sense_page() の MODE SELECT コマンドの処理中にそれが発生する可能性があります。悪意のあるゲストがこの欠陥を利用して、QEMU をクラッシュさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。
(CVE-2021-3930)

- QEMU の vhost-vsock デバイスに欠陥が見つかりました。エラーが発生した場合、メモリを解放する前に無効な要素が virtqueue からデタッチされなかったため、メモリリークやその他の予期しない結果を引き起こしていました。
Affected QEMU versions <= 6.2.0。(CVE-2022-26354)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

qemu パッケージをアップグレードしてください。

Debian 9 Stretchでは、これらの問題はバージョン1で修正されています。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/qemu

https://www.debian.org/lts/security/2022/dla-2970

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-20196

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-3593

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-3748

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-3930

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-26354

https://packages.debian.org/source/stretch/qemu

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159511

ファイル名: debian_DLA-2970.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/4/5

更新日: 2022/4/5

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.1

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3748

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-block-extra, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-kvm, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-arm, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-common, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-mips, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-misc, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-ppc, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-sparc, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-system-x86, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-user, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-user-binfmt, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-user-static, p-cpe:/a:debian:debian_linux:qemu-utils, cpe:/o:debian:debian_linux:9.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/4

脆弱性公開日: 2021/5/26

参照情報

CVE: CVE-2021-3593, CVE-2021-3748, CVE-2021-3930, CVE-2021-20196, CVE-2022-26354