OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2022-0011)

high Nessus プラグイン ID 159525

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています :

- 5.16.11までのLinuxカーネルで問題が発見されました。IPID 割り当て方式とハッシュベースの IPID 割り当てポリシーが混合しているため、オフパス攻撃者が被害者の TCP セッションにデータを注入したり、セッションを終了したりする可能性があります。(CVE-2020-36516)

‐ Linux カーネル機能で、受信した ICMP エラー(必要な ICMP フラグメントおよび ICMP リダイレクト) の処理の欠陥により、開いている UDP ポートをすばやくスキャンできることがわかりました。この欠陥により、オフパスのリモートユーザーがソースポートの UDP ランダム化を効果的にバイパスできます。この脆弱性からの最も高い脅威は、機密性およびおそらくは整合性に対するものです。これは、UDP ソースポートのランダム化に依存するソフトウェアも間接的に影響を受けるためです。(CVE-2021-20322)

- Linux SCTP スタックに欠陥が見つかりました。攻撃者が使用されている IP アドレスとポート番号を知っていて、攻撃者が偽装した IP アドレスでパケットを送信できる場合、ブラインド攻撃者は無効なチャンクを使用して既存の SCTP アソシエーションを kill する可能性があります。(CVE-2021-3772)

- Linux カーネルの GPU i915 カーネルドライバー機能に、ランダムメモリアクセスの欠陥が見つかりました。ユーザーが GPU で悪意のあるコードを実行する可能性があります。この欠陥により、ローカル ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-0330)

- 5.16.12より前の Linux カーネルで問題が発見されました。drivers/net/usb/sr9700.c では、攻撃者がデバイスから細工されたフレーム長を介してヒープメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2022-26966)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-36516.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-20322.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-3772.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-0330.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-26966.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2022-0011.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159525

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2022-0011.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/4/5

更新日: 2022/5/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3772

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0330

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/5

脆弱性公開日: 2021/12/8

参照情報

CVE: CVE-2020-36516, CVE-2021-3772, CVE-2021-20322, CVE-2022-0330, CVE-2022-26966