VMware Workspace One Access / VMware Identity Managerの複数の脆弱性 (VMSA-2022-0011)

critical Nessus プラグイン ID 159548

概要

リモートホストで実行されている ID ストアブローカーアプリケーションは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているVMware Workspace One Access (以前のVMware Identity Manager) アプリケーションは、以下の脆弱性の影響を受けます。

- サーバー側のテンプレートインジェクションのリモートコード実行の脆弱性 (CVE-2022-22954)
- OAuth2 ACS 認証バイパスの脆弱性 (CVE-2022-22955、CVE-2022-22956)
- JDBC インジェクションのリモートコード実行の脆弱性 (CVE-2022-22957、CVE-2022-22958)
- クロスサイトリクエスト偽造の脆弱性 (CVE-2022-22959)
- ローカルの権限昇格の脆弱性 (CVE-2022-22960)
- 情報漏洩の脆弱性 (CVE-2022-22961)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョンにのみ依存しています。

ソリューション

VMSA-2022-0011のアドバイザリに従って、VMware Workspace One Access/VMware Identity ManagerにHW-154129ホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2022-0011.html

https://kb.vmware.com/s/article/88099

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 159548

ファイル名: vmware_workspace_one_access_VMSA-2022-0011.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/4/6

更新日: 2022/6/9

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22954

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22956

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:workspace_one_access, cpe:/a:vmware:identity_manager

必要な KB アイテム: installed_sw/VMware Workspace ONE Access

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/6

脆弱性公開日: 2022/4/6

CISAの既知の悪用日: 2022/5/5, 2022/5/6

エクスプロイト可能

Metasploit (VMware Workspace ONE Access CVE-2022-22954)

参照情報

CVE: CVE-2022-22954, CVE-2022-22955, CVE-2022-22956, CVE-2022-22957, CVE-2022-22958, CVE-2022-22959, CVE-2022-22960, CVE-2022-22961

VMSA: 2022-0011

IAVA: 2022-A-0136-S