FreeBSD : Ruby -- Regexp コンパイルでの二重解放 (f22144d7-bad1-11ec-9cfe-0800270512f4)

critical Nessus プラグイン ID 159692

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、f22144d7-bad1-11ec-9cfe-0800270512f4 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- piao レポート : Regexp コンパイルプロセスのバグにより、細工されたソース文字列で Regexp オブジェクトを作成すると、同じメモリが 2 回解放される可能性があります。これは、二重解放の脆弱性として知られています。注意 : 一般的に、信頼できない入力から生成された Regexp オブジェクトを作成して使用することは安全でないと考えられています。ただし、この場合は、包括的な評価を受けて、この問題を脆弱性として扱います。(CVE-2022-28738)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4bf1568d

http://www.nessus.org/u?a84ee7c2

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 159692

ファイル名: freebsd_pkg_f22144d7bad111ec9cfe0800270512f4.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/4/13

更新日: 2022/5/23

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-28738

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:ruby, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:ruby30, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:ruby31, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/13

脆弱性公開日: 2022/4/12

参照情報

CVE: CVE-2022-28738