ManageEngine ADSelfService Plus < ビルド 6121 XSS

medium Nessus プラグイン ID 159708

概要

Web アプリケーションは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行している ManageEngine ADSelfService Plus のアプリケーションは、ビルド 6121 より前のものです。したがって、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受け、「パスワードのリセット」、「アカウントのロック解除」、「ユーザーはパスワードを変更する必要があります」の画面のウェルカムネーム属性に影響を与えます。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたビルド番号にのみ依存しています。

ソリューション

ManageEngine ADSelfService Plusビルド6121またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4d4d24c4

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 159708

ファイル名: manageengine_adselfservice_6121.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/4/13

更新日: 2022/4/26

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24681

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:zohocorp:manageengine_adselfservice_plus

必要な KB アイテム: installed_sw/ManageEngine ADSelfService Plus

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/3

脆弱性公開日: 2022/3/3

参照情報

CVE: CVE-2022-24681

IAVA: 2022-A-0139