FreeBSD:Composer -- コマンドインジェクションの脆弱性 (24a9bd2b-bb43-11ec-af81-0897988a1c07)

high Nessus プラグイン ID 159723

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、24a9bd2b-bb43-11ec-af81-0897988a1c07 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Composer は、PHP プログラミング言語の依存関係マネージャーです。Composer コードを使用して「VcsDriver: : getFileContent」を呼び出すインテグレーターには、ユーザーが「$file」または「$identifier」引数をコントロールできる場合、コードインジェクションの脆弱性が存在する可能性があります。これにより、packagist.org での脆弱性につながります。たとえば、composer.json の 「readme」フィールドは、任意のデータを許可した場合、「$file」引数経由で hg/Mercurial に、あるいは「$identifier」引数経由で git にパラメーターを注入するベクトルとして使われる可能性があります (Packagist ではありませんが、他のインテグレーターはあり得ます)。Composer 自体は、「$file」/「$identifier」に任意のデータを入れて「getFileContent」を呼び出すことはないため、脆弱性の影響を受けません。知る限りではこれは悪用されておらず、脆弱性の報告から 1 日以内に packagist.org と Private Packagist でパッチが適用されています。(CVE-2022-24828)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?dd820a6f

http://www.nessus.org/u?ba77d5f7

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 159723

ファイル名: freebsd_pkg_24a9bd2bbb4311ecaf810897988a1c07.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/4/13

更新日: 2022/4/26

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24828

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php74-composer, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php74-composer2, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php80-composer, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php80-composer2, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php81-composer, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php81-composer2, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/13

脆弱性公開日: 2022/4/13

参照情報

CVE: CVE-2022-24828