McAfee Agent < 5.7.6 Multiple Vulnerabilities (SB10382)

high Nessus プラグイン ID 160054

概要

リモートホストにインストールされているセキュリティ管理エージェントは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている McAfee Agent (旧 McAfee ePolicy Orchestrator (ePO)) のバージョンは、5.7.6 より前です。このため、以下の脆弱性の影響を受けます。

- 5.7.6より前の MA for Windows のローカル権限昇格の脆弱性により、ローカルの権限が弱いユーザーが、修復機能を実行することでシステム権限を取得する可能性があります。一時ファイルの操作が、シンボリックリンクの操作を通じて、システム権限を持つローカルユーザーの %TEMP% ディレクトリで実行されました。(CVE-2022-1256)

- 5.7.6より前の Linux、macOS、および Windows 用の MA で機密情報が安全にストレージされていないという脆弱性があるため、ローカルユーザーが ma.db のストレージを介して機密情報にアクセスする可能性があります。機密情報が暗号化されたデータベースファイルに移動されました。(CVE-2022-1257)

- 5.7.6より前の MA の ePolicy Orchestrator (ePO) 拡張におけるブラインド SQL インジェクションの脆弱性が、ePO の認証された管理者によって悪用され、バックエンドデータベースで任意の SQL クエリが実行され、サーバーでコマンドが実行される可能性があります。(CVE-2022-1258) Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

McAfee Agent をバージョン5.7.6 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10382

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160054

ファイル名: mcafee_epo_agent_SB10382.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/4/21

更新日: 2022/4/26

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1256

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:mcafee:epolicy_orchestrator_agent:*:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:a:mcafee:agent:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/McAfee ePO Agent

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/14

脆弱性公開日: 2022/4/14

参照情報

CVE: CVE-2022-1256, CVE-2022-1258, CVE-2022-1257

IAVA: 2022-A-0160