Cisco IOS Software IOx のアプリケーションホスティング環境 (cisco-sa-iox-yuXQ6hFj)

high Nessus プラグイン ID 160084

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

自己報告されたバージョンによると、Cisco IOS は複数の脆弱性の影響を受けます。

- Cisco IOx アプリケーションホスティング環境での複数のパラメーターインジェクションの脆弱性。アプリケーションパッケージの一部であるパラメーターのサニタイズが不完全なため、認証されたリモート攻撃者が特別に細工されたアプリケーションパッケージを使用して、基盤となるホストオペレーティングシステムで root として任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2022-20718、CVE-2022-20719、CVE-2022-20723)

- Cisco IOxアプリケーションホスティング環境でのパストラバーサルの脆弱性。実際のパスチェックがないため、認証されたリモート攻撃者が、展開されたアプリケーション内にシンボリックリンクを作成し、基盤となるホストオペレーティングシステムで root として任意のコードを読み取ったり実行したりする可能性があります。(CVE-2022-20720)

- Cisco IOx アプリケーションホスティング環境の競合状態により、認証されていないリモート攻撃者が認証をバイパスし、別の認証されたユーザーセッションを偽装する可能性があります。(CVE-2022-20724)

- Cisco IOx アプリケーションホスティング環境の Web ベースの Local Manager インターフェイスにクロスサイトスクリプティングの脆弱性があるため、Local Manager の認証情報で認証されたリモート攻撃者が、悪意のあるコードをシステム設定タブに挿入する可能性があります。(CVE-2022-20725)

- Cisco 809 および 829 統合サービスルーター、Cisco CGR 1000 計算モジュールおよび Cisco IC3000産業用計算ゲートウェイの Cisco IOx アプリケーションホスト環境におけるサービス拒否の脆弱性。ソケット操作のエラー処理が不十分なために、認証されていないリモート攻撃者が、IOx Web サーバーのリクエスト処理を停止させる可能性があります。(CVE-2022-20726)

- 不適切な入力検証による、Cisco IOx アプリケーションホスティング環境での権限昇格の脆弱性。認証されたローカルの攻撃者が、アプリケーションのロード中にアプリケーションのコンテンツを変更し、root ユーザーと同等の権限を取得する可能性があります。(CVE-2022-20727)

- Cisco IOx アプリケーションホスティング環境での複数の脆弱性。パスの検証が不十分なため、認証されたリモート攻撃者が特別にリクエストされたコマンドを Cisco IOx API に送信し、ホストデバイスファイルシステムで任意のファイルの内容を読み取る可能性があります。(CVE-2022-20721、CVE-2022-20722)

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCvx27640、CSCvy30903、CSCvy30957、CSCvy35913、CSCvy35914、CSCvy86583、CSCvy86598、CSCvy86602、CSCvy86603、CSCvy86604、CSCvy86608 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6323327a

https://tools.cisco.com/security/center/viewErp.x?alertId=ERP-74561

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvx27640

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy16608

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy30903

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy30957

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy35913

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy35914

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy86583

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy86598

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy86602

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy86603

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy86604

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy86608

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160084

ファイル名: cisco-sa-iox-yuXQ6hFj-ios.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/4/22

更新日: 2022/5/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20723

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20724

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:cisco:ios

必要な KB アイテム: Host/Cisco/IOS/Version, Host/Cisco/IOS/Model

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/13

脆弱性公開日: 2022/4/13

参照情報

CVE: CVE-2022-20718, CVE-2022-20719, CVE-2022-20720, CVE-2022-20721, CVE-2022-20722, CVE-2022-20723, CVE-2022-20724, CVE-2022-20725, CVE-2022-20726, CVE-2022-20727