Oracle Linux 7:Unbreakable Enterprise Kernel (ELSA-2022-9313)

high Nessus プラグイン ID 160190

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 7 ホストに、ELSA-2022-9313 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Linux カーネルの copy_page_to_iter_pipe 関数および push_pipe 関数で、新しいパイプバッファ構造の flags メンバーの初期化が適切に行われておらず、古い値を含む可能性があるという欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、読み取り専用ファイルに裏付けされたページキャッシュのページに書き込み、システムでの権限を昇格する可能性があります。(CVE-2022-0847)

- Linux カーネルの TIPC プロトコル機能に、スタックオーバーフローの欠陥が見つかりました。ドメインメンバーノードの数が許可されている 64 を超える場合で、ユーザーが悪意のあるコンテンツを含むパケットを送信する形です。
TIPC ネットワークへのアクセス賢がある場合、この欠陥により、リモートユーザーがシステムをクラッシュさせたり、権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-0435)

- 一部の AMD CPU で、LFENCE/JMP (緩和策 V2-2) が CVE-2017-5715 を十分に緩和しない可能性があります。
(CVE-2021-26401)

- 5.16.11 までの Linux カーネルで問題が発見されました。IPID 割り当て方式とハッシュベースの IPID 割り当てポリシーが混合しているため、オフパス攻撃者が被害者の TCP セッションにデータを注入したり、セッションを終了したりする可能性があります。(CVE-2020-36516)

- 5.16.12より前の Linux カーネルで問題が発見されました。drivers/net/usb/sr9700.c では、攻撃者がデバイスから細工されたフレーム長を介してヒープメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2022-26966)

- netfilter サブシステムの linux/net/netfilter/nf_tables_api.c の Linux カーネルに欠陥が見つかりました。
この欠陥により、ローカルユーザーが領域外書き込みの問題を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-1015) (CVE-2022-1016)

- ユーザーが悪意のある UDF イメージに対して udf_file_write_iter 関数をトリガーする方法に、Linux カーネル UDF ファイルシステム機能の欠陥のある NULL ポインターデリファレンスが見つかりました。ローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムをクラッシュする可能性があります。実際のところ、Linux カーネル 4.2-rc1 から 5.17-rc2 まで。(CVE-2022-0617)

- 5.16.5より以前の Linux カーネルに問題が発見されました。アプリケーションが O_DIRECTORY フラグを設定し、通常のファイルを開こうとすると、nfs_atomic_open() は通常の検索を実行します。通常のファイルが見つかった場合、ENOTDIR が発生しますが、サーバーは初期化されていないデータをファイル記述子で返します。(CVE-2022-24448)

- ユーザーが shmget() を使用してメモリの一部の領域を 2 回マッピングするときの Linux カーネルの hugetlbfs メモリ使用率にメモリリークの欠陥が見つかりました。この欠陥は、一部のメモリページの障害である PUD アラインメントに分類されます。ローカルユーザーがこの欠陥を利用して、一部のデータに不正アクセスする可能性があります。(CVE-2021-4002)

- Linux カーネルの fs/btrfs/extent-tree.c の btrfs_alloc_tree_b に、btrfs での不適切なロック操作による脆弱性が見つかりました。この欠陥では、ローカル権限を持つユーザーが、デッドロックの問題によりサービス拒否 (DOS) を引き起こす可能性があります。(CVE-2021-4149)

- Linux カーネルの kernel/cgroup/cgroup-v1.c 関数の cgroup_release_agent_write に脆弱性が見つかりました。特定の状況下で、この欠陥により、cgroups v1 release_agent 機能を使用して権限を昇格させ、名前空間の分離を予期せずバイパスする可能性があります。
(CVE-2022-0492)

- Linux カーネルの GPU i915 カーネルドライバー機能に、ランダムメモリアクセスの欠陥が見つかりました。ユーザーが GPU で悪意のあるコードを実行する可能性があります。この欠陥により、ローカル ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-0330)

- kernel: usercopy の失敗によるメモリ解放後使用 (use-after-free) の悪用 (CVE-2022-22942)

- Linux カーネルに欠陥が見つかりました。破損したタイマーツリーにより、lib/timerqueue.c の timerqueue_add 関数にタスクウェイクアップがありませんでした。この欠陥により、特別なユーザー権限を持つローカルの攻撃者がサービス拒否を引き起こし、OSP の実行中にシステムを遅くし、最終的に停止させる可能性があります。
(CVE-2021-20317)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-9313.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160190

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-9313.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/4/25

更新日: 2023/1/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0435

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/25

脆弱性公開日: 2021/9/27

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/5/16

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Dirty Pipe Local Privilege Escalation via CVE-2022-0847)

参照情報

CVE: CVE-2020-36516, CVE-2021-20317, CVE-2021-26401, CVE-2021-4002, CVE-2021-4149, CVE-2022-0330, CVE-2022-0435, CVE-2022-0492, CVE-2022-0617, CVE-2022-0847, CVE-2022-1016, CVE-2022-22942, CVE-2022-24448, CVE-2022-26966