Amazon Linux 2: gcc10、gcc (ALAS-2022-1784)

high Nessus プラグイン ID 160265

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている gcc のバージョンは、7.3.1-14 より前です。リモートホストにインストールされている gcc10 のバージョンは、10.3.1-1 より前です。したがって、ALAS2-2022-1784 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 14.0までのUnicode仕様の双方向アルゴリズムで問題が発見されました。これにより、コントロールシーケンスを介して文字の視覚的な並べ替えが可能になります。これを利用して、コンパイラやインタープリターが取り込んだトークンの論理的な順序とは異なるロジックをレンダリングするソースコードを細工することができます。
攻撃者はこれを悪用し、Unicodeを受け入れるコンパイラのソースコードをエンコードすることで、対象となる脆弱性が人間のレビューアの目に見えないように導入される可能性があります。 (CVE-2021-42574)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

「yum update gcc10」を実行してシステムを更新してください。
「yum update gcc」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2022-1784.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-42574.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160265

ファイル名: al2_ALAS-2022-1784.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/4/27

更新日: 2022/4/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.1

Temporal Score: 3.8

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-42574

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:cpp, p-cpe:/a:amazon:linux:cpp10, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-base-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-c%2b%2b, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-gdb-plugin, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-gfortran, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-gnat, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-go, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-objc, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-objc%2b%2b, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc-plugin-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc10, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc10-c%2b%2b, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc10-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc10-gdb-plugin, p-cpe:/a:amazon:linux:gcc10-plugin-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libasan10, p-cpe:/a:amazon:linux:libasan10-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libatomic, p-cpe:/a:amazon:linux:libatomic10-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libcilkrts, p-cpe:/a:amazon:linux:libgcc, p-cpe:/a:amazon:linux:libgccjit, p-cpe:/a:amazon:linux:libgccjit-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libgfortran, p-cpe:/a:amazon:linux:libgnat, p-cpe:/a:amazon:linux:libgo, p-cpe:/a:amazon:linux:libgomp, p-cpe:/a:amazon:linux:libitm, p-cpe:/a:amazon:linux:libitm10-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libmpx, p-cpe:/a:amazon:linux:libobjc, p-cpe:/a:amazon:linux:libquadmath, p-cpe:/a:amazon:linux:libquadmath10-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libsanitizer, p-cpe:/a:amazon:linux:libstdc%2b%2b, p-cpe:/a:amazon:linux:libstdc%2b%2b-docs, p-cpe:/a:amazon:linux:libstdc%2b%2b10-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libstdc%2b%2b10-docs, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/25

脆弱性公開日: 2021/11/1

参照情報

CVE: CVE-2021-42574

IAVA: 2021-A-0528

ALAS: 2022-1784