Amazon Linux AMI:golang(ALAS-2022-1583)

critical Nessus プラグイン ID 160332

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているgolangのバージョンは1.16.15-1.37より前のです。したがって、ALAS-2022-1583のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- GOARCH=wasm GOOS=js が使用されている場合、WASM モジュールからの関数呼び出しで、1.16.9 より前の Go および 1.17.2 より前の 1.17.x に大きな引数を介した、バッファオーバーフローがあります。(CVE-2021-38297)

- 1.16.10以前の Go および 1.17.3以前の 1.17.xにおける debug/macho (Open または OpenFat 用) の ImportedSymbols は、バッファの終わりの後のメモリ位置 (別名: 領域外スライス状態) にアクセスします。
(CVE-2021-41771)

- 1.16.10以前の Go および 1.17.3以前の 1.17.xでは、不正な名前または空のファイル名フィールドを含む細工された ZIP アーカイブを介して、アーカイブ/zip Reader.Open パニックが発生する可能性があります。(CVE-2021-41772)

- 1.16.12より前および 1.17.5より前の 1.17.xの Go の net/http により、HTTP/2 リクエストを介したヘッダー正規化キャッシュで、メモリ消費が制御されない事態が発生する可能性があります。(CVE-2021-44716)

-UNIXの 1.16.12より前、および 1.17.5より前の 1.17.xの Goでは、意図しないファイルまたは意図しないネットワーク接続に書き込み操作が行われる可能性があります。これはファイル記述子が枯渇した後にファイル記述子 0 が誤って閉じられた結果として発生します。(CVE-2021-44717)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update golang」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2022-1583.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-38297.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-41771.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-41772.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-44716.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2021-44717.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 160332

ファイル名: ala_ALAS-2022-1583.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/4/29

更新日: 2022/5/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-38297

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:golang, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-bin, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-docs, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-misc, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-race, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-shared, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-src, p-cpe:/a:amazon:linux:golang-tests, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/25

脆弱性公開日: 2021/10/18

参照情報

CVE: CVE-2021-38297, CVE-2021-41771, CVE-2021-41772, CVE-2021-44716, CVE-2021-44717

IAVB: 2021-B-0069-S

ALAS: 2022-1583