Amazon Linux AMI : containerd, docker (ALAS-2022-1582)

medium Nessus プラグイン ID 160334

概要

リモートの Amazon Linux AMI ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているcontainerdのバージョンは1.4.13-2.1より前のものです。リモートホストにインストールされているdockerのバージョンは、20.10.13-2.1より前のものです。したがって、ALAS-2022-1582 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Moby は、ソフトウェアのコンテナ化を可能にし、加速させるするために Docker によって作成されたオープンソースプロジェクトです。バージョン 20.10.14 より前の Moby (Docker Engine) にバグが見つかりました。コンテナは空でない継承可能な Linux プロセス機能で不適切に起動され、非定型の Linux 環境を作成し、「execve(2)」中に継承可能なファイル機能を持つプログラムを、これらの機能を許可された設定に引き上げてしまうことが可能でした。通常、実行可能プログラムが許可されたファイル機能を指定している場合、他の点では権限のないユーザーやプロセスがそれらのプログラムを実行し、指定されたファイル機能を境界設定まで取得する可能性があります。このバグにより、継承可能なファイル機能を持つ実行可能プログラムが含まれるコンテナにより、権限のないユーザーやプロセスが、コンテナの境界設定までこれらの継承可能なファイル機能をさらに利用できるようになりました。Linux ユーザーおよびグループを使用してコンテナ内で権限分離を実行するコンテナが、最も直接的な影響を受けます。継承可能な設定には、コンテナの境界設定に含まれるよりも多くの機能は含まれていないため、このバグはコンテナセキュリティサンドボックスに影響を与えませんでした。このバグは、Moby (Docker Engine) 20.10.14で修正されています。継承可能な機能をリセットするには、実行中のコンテナを停止、削除、再作成する必要があります。この修正により、コンテナがより一般的な Linux 環境で起動されるような Moby (Docker Engine) の動作が変更されます。回避策として、コンテナのエントリポイントを変更して「capsh(1)」などのユーティリティを使用し、プライマリプロセスが開始する前に継承可能な機能をドロップすることができます。(CVE-2022-24769)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

「yum update containerd」を実行してシステムを更新してください。
「yum update docker」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24769.html

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2022-1582.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 160334

ファイル名: ala_ALAS-2022-1582.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/4/29

更新日: 2022/4/29

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24769

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:amazon:linux:*:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:docker:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:docker-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:containerd:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:containerd-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:amazon:linux:containerd-stress:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/25

脆弱性公開日: 2022/3/24

参照情報

CVE: CVE-2022-24769

ALAS: 2022-1582