IBM Java 7.1 < 7.1.4.20 / 8.0 < 8.0.5.10

high Nessus プラグイン ID 160345

概要

IBM Java は、脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている IBM Java のバージョンは、7.1 < 7.1.4.20 / 8.0 < 8.0.5.10 より前です。したがって、2018 年 2 月のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 特定の状況では、J9 JVM (IBM SDK、Java Technology Edition 7.1 および 8.0) の欠陥により、セキュリティマネージャーで実行されている信頼できないコードがその権限を昇格する可能性があります。IBM X-Force ID: 138823。
(CVE-2018-1417)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

IBM セキュリティ更新 2018 年 2 月のアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg1IJ04021

http://www.nessus.org/u?50e8b4c3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160345

ファイル名: ibm_java_2018_02_01.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/4/29

更新日: 2022/4/29

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1417

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:ibm:java:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: installed_sw/Java

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2018/2/1

脆弱性公開日: 2018/2/20

参照情報

CVE: CVE-2018-1417