IBM Java 8.0 < 8.0.6.0

critical Nessus プラグイン ID 160351

概要

IBM Java は、脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている IBM Java のバージョンは、8.0 < 8.0.6.0 より前です。したがって、IBM セキュリティ更新 2019 年 11 月のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Eclipse OpenJ9 0.15 ~ 0.16 では、GC の発生や診断ファイルの作成などの診断操作へのアクセスは、権限チェックなしで許可されます。(CVE-2019-17631)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

IBM セキュリティ更新 2019 年 11 月のアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?9c7a350f

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 160351

ファイル名: ibm_java_2019_11_01.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/4/29

更新日: 2022/4/29

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-17631

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:java

必要な KB アイテム: installed_sw/Java

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/11/1

脆弱性公開日: 2019/10/17

参照情報

CVE: CVE-2019-17631