IBM Java 8.0 < 8.0.6.5

medium Nessus プラグイン ID 160360

概要

IBM Java は、脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている IBM Java のバージョンは、8.0 < 8.0.6.5 より前です。したがって、IBM セキュリティ更新 2020 年 1 月のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- IBM SDK、Java Technology Edition バージョン 7.0.0.0 ~ 7.0.10.55、7.1.0.0 ~ 7.1.4.55、8.0.0.0 ~ 8.0.6.0 により、Microsoft Windows クライアントの DLL 検索順序ハイジャックの脆弱性が原因で、ローカルの認証された攻撃者がシステム上で任意のコードを実行する可能性があります。侵害されたフォルダに特別に細工されたファイルを配置することで、攻撃者がこの脆弱性を悪用して、システム上で任意のコードを実行する可能性があります。IBM X-Force ID: 172618。(CVE-2019-4732)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

IBM セキュリティ更新 2020 年 1 月のアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?191fb01a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 160360

ファイル名: ibm_java_2020_01_01.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/4/29

更新日: 2022/4/29

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-4732

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:java

必要な KB アイテム: installed_sw/Java

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/1/1

脆弱性公開日: 2020/2/3

参照情報

CVE: CVE-2019-4732