Slackware Linux 14.0/ 14.1/ 14.2/ 15.0/ 最新の pidgin の脆弱性 (SSA:2022-120-01)

medium Nessus プラグイン ID 160394

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、pidgin のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている pidgin のバージョンは、2.12.0 / 2.14.9より前です。したがって、SSA:2022-120-01 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 2.14.9より前の Pidgin で問題が発見されました。DNS 応答を偽装できるリモート攻撃者が、悪意のあるサーバーにクライアント接続をリダイレクトする可能性があります。クライアントは、元の XMPP サービスドメインの代わりに悪意のあるドメイン名の TLS 証明書検証を実行するため、攻撃者が XMPP 接続をコントロールし、ユーザーの認証情報とすべての通信コンテンツを取得する可能性があります。これは CVE-2022-24968 に類似しています。(CVE-2022-26491)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける pidgin パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 160394

ファイル名: Slackware_SSA_2022-120-01.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/4/30

更新日: 2022/6/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-26491

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:pidgin, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.0, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.1, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2022-26491