F5 Networks BIG-IP: BIG-IP および BIG-IQ SCP の脆弱性 (K38271531)

medium Nessus プラグイン ID 160485

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされているF5 Networks BIG-IPのバージョンは、13.1.5 / 14.1.4.6 / 15.1.5.1 / 16.1.2.2 / 17.0.0より前です。したがって、K38271531 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 16.1.2.2 より前の F5 BIG-IP 16.1.x バージョン、15.1.5.1 より前の 15.1.x バージョン、14.1.4.6 より前の 14.1.x バージョン、13.1.5 より前の 13.1.x バージョン、および 12.1.x、11.6.x のすべてのバージョン、F5 BIG-IQ Centralized Management の 8.x と 7.x のすべてのバージョンでは、bash アクセス権のない認証された強い権限を持つ攻撃者がリモートシステムから Secure Copy (SCP) プロトコルを使用して証明書および鍵ファイルにアクセスできる可能性があります。注: テクニカルサポートの終了 (EoTS) に達したソフトウェアのバージョンは評価されていません。(CVE-2022-26340)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

F5 Solution K38271531 に記載されている脆弱ではないバージョンのいずれかにアップグレードしてください。

関連情報

https://support.f5.com/csp/article/K38271531

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 160485

ファイル名: f5_bigip_SOL38271531.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2022/5/4

更新日: 2022/5/16

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-26340

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 4.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:f5:big-ip_access_policy_manager, cpe:/a:f5:big-ip_advanced_firewall_manager, cpe:/a:f5:big-ip_application_security_manager, cpe:/a:f5:big-ip_global_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_local_traffic_manager, cpe:/a:f5:big-ip_policy_enforcement_manager, cpe:/a:f5:big-ip_wan_optimization_manager, cpe:/h:f5:big-ip_protocol_security_manager, cpe:/h:f5:big-ip

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/BIG-IP/hotfix, Host/BIG-IP/modules, Host/BIG-IP/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/4

脆弱性公開日: 2022/5/4

参照情報

CVE: CVE-2022-26340

IAVA: 2022-A-0189