Cisco Firepower Management Center ファイルアップロードのセキュリティバイパス (cisco-sa-fmc-security-bypass-JhOd29Gg)

high Nessus プラグイン ID 160491

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされている Cisco Firepower Management Center のバージョンは、Web 管理インターフェイスのセキュリティバイパスの脆弱性の影響を受けます。これにより、認証されたリモート攻撃者がセキュリティ保護をバイパスし、影響を受けるシステムに悪意のあるファイルをアップロードする可能性があります。この脆弱性は、Cisco FMC Software の Web 管理インターフェイスにアップロードされたファイルの検証が不適切であることが原因です。攻撃者がこの脆弱性を悪用し、悪意を持って細工されたファイルを影響を受けるソフトウェアを実行しているデバイスにアップロードする可能性があります。悪用に成功すると、攻撃者は悪意のあるファイルをデバイスに保存し、後でアクセスして、影響を受けるデバイスで root 権限で任意のコードを実行するなど、追加の攻撃を仕掛ける可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCwa40237 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?8b0675fe

https://tools.cisco.com/security/center/viewErp.x?alertId=ERP-74836

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCwa40237

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160491

ファイル名: cisco-sa-fmc-security-bypass-JhOd29Gg.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/5/4

更新日: 2022/5/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20743

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:firepower_management_center

必要な KB アイテム: Host/Cisco/firepower_mc/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/27

脆弱性公開日: 2022/4/27

参照情報

CVE: CVE-2022-20743

CISCO-BUG-ID: CSCwa40237

CISCO-SA: cisco-sa-fmc-security-bypass-JhOd29Gg

IAVA: 2022-A-0184

CWE: 434