OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2022-0014)

high Nessus プラグイン ID 160505

概要

リモートの OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています。

- af_unix.c の unix_scm_to_skb に、競合状態によるメモリ解放後使用 (use-after-free) のバグの可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: AndroidカーネルAndroid ID:A-196926917References :
Upstream カーネル (CVE-2021-0920)

- Linux カーネル HCI サブシステムの関数 hci_sock_bound_ioctl() のメモリ解放後使用 (Use After Free) が、ユーザーが ioct HCIUNBLOCKADDR を呼び出す方法、または hci_sock_blacklist_add()、hci_sock_blacklist_del()、hci_get_conn_info()、hci_get_auth_info() の呼び出しの 1 つとともに hci_unregister_dev() 呼び出しの競合状態をトリガーする方法で見つかりました。権限のあるローカルユーザーはこの欠陥を利用して、システムをクラッシュしたり、システム上で権限を昇格したりする可能性があります。この欠陥は、5.13-rc5 より前の Linux カーネルバージョンに影響を与えます。(CVE-2021-3573)

- ユーザーが shmget() を使用してメモリの一部の領域を 2 回マッピングするときの Linux カーネルの hugetlbfs メモリ使用率にメモリリークの欠陥が見つかりました。この欠陥は、一部のメモリページの障害である PUD アラインメントに分類されます。ローカルユーザーがこの欠陥を利用して、一部のデータに不正アクセスする可能性があります。(CVE-2021-4002)

- Linux カーネルの fs/btrfs/extent-tree.c の btrfs_alloc_tree_b に、btrfs での不適切なロック操作による脆弱性が見つかりました。この欠陥では、ローカル権限を持つユーザーが、デッドロックの問題によりサービス拒否 (DOS) を引き起こす可能性があります。(CVE-2021-4149)

- ユーザーがミラーリング (NFS によるファイルのレプリケーション) を使用する方法に、Linux カーネル NFS サブシステムのメモリ領域外書き込みの欠陥 (1 または 2 バイトのメモリ) が見つかりました。NFS マウントにアクセスできるユーザーが、この欠陥を利用して、システムをクラッシュさせ、システム上で権限を昇格する可能性があります。(CVE-2021-4157)

- net/core/sock.c の sock_getsockopt() にメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。これは Linux カーネルの SO_PEERCRED および SO_PEERGROUPS の listen() (および connect()) との競合が原因です。この欠陥では、ユーザーの権限を持つ攻撃者がシステムをクラッシュさせたり、内部カーネル情報を漏洩する可能性があります。 (CVE-2021-4203)

- 5.15.8までの Linux カーネルの net/phonet/pep.c の pep_sock_accept に、参照カウントの漏洩があります。
(CVE-2021-45095)

- 5.15.3より前の Linux カーネルでは、fs/quota/quota_tree.c がクォータツリー (ディスク上) のブロック番号を検証しません。これにより、たとえば、破損したクォータファイルがある場合に、kernel/locking/rwsem.c のメモリ解放後使用 (Use After Free) が発生する可能性があります。(CVE-2021-45868)

- ユーザーが悪意のある UDF イメージに対して udf_file_write_iter 関数をトリガーする方法に、Linux カーネル UDF ファイルシステム機能の欠陥のある NULL ポインターデリファレンスが見つかりました。ローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムをクラッシュする可能性があります。実際のところ、Linux カーネル 4.2-rc1 から 5.17-rc2 まで。(CVE-2022-0617)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-0920.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-3573.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-4002.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-4149.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-4157.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-4203.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-45095.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-45868.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-0617.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-1016.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2022-0014.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160505

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2022-0014.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2022/5/4

更新日: 2022/5/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.4

Temporal Score: 6.4

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-4157

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8

Temporal Score: 7.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/3

脆弱性公開日: 2021/6/8

CISAの既知の悪用日: 2022/6/13

参照情報

CVE: CVE-2021-0920, CVE-2021-3573, CVE-2021-4002, CVE-2021-4149, CVE-2021-4157, CVE-2021-4203, CVE-2021-45095, CVE-2021-45868, CVE-2022-0617, CVE-2022-1016