Spring Data Commons < 1.13.11 / 2.x < 2.0.6 RCE

critical Nessus プラグイン ID 160544

概要

リモートホストにインストールされている Spring Data Commons のバージョンは、リモートコード実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Spring Data Commons のバージョンは、リモートコード実行の脆弱性の影響を受けます。
Spring Data Commons の 1.13 〜 1.13.10、2.0 〜 2.0.5 より前のバージョン、およびサポートされていない古いバージョンには、特殊な要素の不適切な中立化によって引き起こされるプロパティバインダーの脆弱性が含まれています。認証されていないリモートの悪意のあるユーザー (または攻撃者) が、Spring Data REST に裏付けられた HTTP リソースに対して特別に細工されたリクエストパラメーターを提供したり、Spring Data のプロジェクションベースのリクエストペイロードバインディングを使用して、リモートコード実行攻撃を引き起こす可能性があります。

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Spring Data Commons バージョン 1.13.11、2.0.6、またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://tanzu.vmware.com/security/cve-2018-1273

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 160544

ファイル名: spring_data_commons_2_0_6.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/5/5

更新日: 2022/5/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1273

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:pivotal_software:spring_data_commons

必要な KB アイテム: installed_sw/Spring Data Commons

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2018/4/10

脆弱性公開日: 2018/4/10

CISAの既知の悪用日: 2022/4/15

エクスプロイト可能

Elliot (Spring Data Commons RCE)

参照情報

CVE: CVE-2018-1273