Cisco Firepower Threat Defense Software Snort のメモリ不足の DoS (cisco-sa-ftd-snort-dos-hd2hFgM)

high Nessus プラグイン ID 160639

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

Cisco Firepower Threat Defense (FTD) ソフトウェアの Snort 検出エンジン統合の脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が無制限のメモリ消費を引き起こし、影響を受けるデバイスでサービス拒否 (DoS) 状態が発生する可能性があります。この脆弱性は、特定の Snort イベントに対する不十分なメモリ管理が原因です。攻撃者がこの脆弱性を悪用し、細工された一連の IP パケットを送信して、影響を受けるデバイスで特定の Snort イベントを生成する可能性があります。持続的な攻撃により、影響を受けるデバイスでメモリ不足状態が引き起こされる可能性があります。悪用に成功すると、攻撃者は影響を受けるデバイスを通過するすべてのトラフィックを中断する可能性があります。状況によっては、攻撃者がデバイスをリロードさせて、DoS 状態を引き起こす可能性があります。

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。
Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCvu41615 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?c868e825

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160639

ファイル名: cisco-sa-ftd-snort-dos-hd2hFgM.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/5/6

更新日: 2022/5/13

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20751

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:cisco:firepower_threat_defense

必要な KB アイテム: installed_sw/Cisco Firepower Threat Defense, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/4/27

脆弱性公開日: 2022/4/27

参照情報

CVE: CVE-2022-20751

IAVA: 2022-A-0184

CISCO-BUG-ID: CSCvu41615

CISCO-SA: cisco-sa-ftd-snort-dos-hd2hFgM

CWE: 770