Nessus Network Monitor < 6.0.0 複数の脆弱性(TNS-2022-02)

critical Nessus プラグイン ID 160640

概要

リモートホストにインストールされている脆弱性スキャナーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているNessus Network Monitor(NNM)のバージョンは6.0.0より前です。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- ASN.1 文字列は OpenSSL 内部で ASN1_STRING 構造として表されます。この構造には、文字列データを保持するバッファと、バッファ長を保持するフィールドが含まれます。通常の C 文字列とは対照的です。C 文字列は、NUL (0) バイトで終了する文字列データではバッファとして表されます。厳密に必須ではないものの、OpenSSL 独自の d2i 関数 (および類似の解析関数) を使用して解析される ASN.1 文字列、および ASN1_STRING_set() 関数を使用して設定される値が含まれる文字列は、ASN1_STRING 構造のバイト配列を NUL 終端させることにもなります。ただし、ASN1_STRING 配列でデータと長さのフィールドを直接設定することにより、アプリケーションがバイト配列を NUL 終端させることのない、有効な ASN1_STRING 構造を直接的に構成することができます。これは、ASN1_STRING_set0() 関数を使用する場合にも生じる可能性があります。ASN.1 データを出力する多くの OpenSSL 関数で、直接構成されたこと文字列であることが保証されていない場合でも、ASN1_STRING バイト配列が NUL 終端されることが分かっています。アプリケーションによって ASN.1 構造の出力がリクエストされる場合、ASN.1 構造に、データフィールが NUL 終端することなくアプリケーションによって直接構成された ASN1_STRING が含まれていると、読み取りバッファのオーバーランが生じる可能性があります。同様の状況が証明書の名前制限の処理中にも生じることがあります (例えば、OpenSSL 解析関数によってロードされるのではなく、アプリケーションによって直接構成された証明書がある場合、その証明書に NUL 終端されていない ASN1_STRING 構造が含まれているときなどです)。また、X509_get1_email() 関数、X509_REQ_get1_email() 関数、および X509_get1_ocsp() 関数でも生じる可能性があります。悪意のあるアクターがアプリケーションで ASN1_STRING を直接構成させ、影響のあるいずれかの OpenSSL 関数で処理すると、この問題が引き起こされることがあります。結果としてクラッシュする可能性があります (サービス拒否攻撃が生じます)。また、専用メモリのコンテンツ (秘密鍵、秘密情報を含む平文など) が漏洩することがあります。OpenSSL 1.1.1l で修正されました (1.1.1-1.1.1k が影響を受けます)。OpenSSL 1.0.2za で修正されました (1.0.2-1.0.2y が影響を受けます)。
-SM2暗号化データを復号するには、アプリケーションがAPI関数EVP_PKEY_decrypt()を呼び出す必要があります。通常、アプリケーションはこの関数を2回呼び出します。初回の入力時点ではoutパラメーターはNULLにできます。また終了時点でoutlenパラメーターには、復号された平文を保持するために必要なバッファサイズでデータが投入されます。その後、アプリケーションは十分なサイズのバッファを割り振り、EVP_PKEY_decrypt()を再び呼び出すことができますが、今回、outパラメーターにNULL以外の値が渡されました。SM2復号化コードの実装におけるバグにより、EVP_PKEY_decrypt()の初回呼び出しに必要な平文を保持するために求められるバッファサイズの計算が、2回目の呼び出しで必要となる実際のサイズよりも小さくなることがあります。これにより、アプリケーションがEVP_PKEY_decrypt()を2回目に呼び出すときにバッファが小さすぎるため、バッファオーバーフローが引き起こされる可能性があります。アプリケーションに対して復号化するためのSM2コンテンツを提示できる悪意のある攻撃者は、選択したデータに関してバッファを最大62バイトまでオーバーフローさせ、バッファ後に保持される他のデータコンテンツを変更することができます。それにより、アプリケーションの動作が変更されたり、アプリケーションがクラッシュされたりする可能性があります。バッファの場所はアプリケーションによって異なりますが、通常はヒープに割り当てられます。OpenSSL 1.1.1l で修正されました (1.1.1-1.1.1k が影響を受けます)。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Nessus Network Monitorバージョン6.0.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/tns-2022-02

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 160640

ファイル名: nnm_6_0_0.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/5/6

更新日: 2022/5/9

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3711

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:tenable:nnm

必要な KB アイテム: installed_sw/Tenable NNM, Host/nnm_installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/5

脆弱性公開日: 2022/1/5

参照情報

CVE: CVE-2021-3711, CVE-2021-3712