FreeBSD : rsyslog8 -- TCP syslog 受信時のヒープバッファオーバーフロー (b9837fa1-cd72-11ec-98f1-6805ca0b3d42)

high Nessus プラグイン ID 160684

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、b9837fa1-cd72-11ec-98f1-6805ca0b3d42 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Rsyslog はログ処理用の高速なシステムです。TCP syslog 受信用のモジュールには、オクテットカウントフレーミングが使用される際に、ヒープバッファオーバーフローの可能性があります。これにより、セグメンテーション違反またはその他の誤動作が発生する可能性があります。当社の理解では、この脆弱性はリモートコードの実行に使用することはできません。しかし、専門家がこれを実行するためのわずかな可能性はまだあります。このバグは、オクテットカウントが読み取られるときに発生します。
最大オクテット数がチェックされている間、オクテットカウントが最大値を超えている場合でも、数字がヒープバッファに書き込まれます。これは、メモリバッファをオーバーランするために使用される可能性があります。ただし、一連の数字が停止すると、バッファに文字を追加できなくなります。私たちの考えでは、これによりリモートでの悪用は不可能か、少なくとも非常に複雑になります。オクテットカウントフレーミングは、2 つの潜在的なフレーミングモードの 1 つです。これは比較的一般的ではありませんが、レシーバーではデフォルトで有効になっています。「imtcp」、「imptcp」、「imgssapi」、および「imhttp」モジュールは、syslog メッセージの通常の受信に使用されます。それらを直接公開しないことがベストプラクティスです。この慣行に従うと、リスクはかなり低くなります。モジュール「imdiag」は、主にテストベンチの実行を目的とする診断モジュールです。実稼働のインストールには存在しないと考えられます。オクテットカウントフレーミングはあまり一般的ではありません。通常、送信者が特別に有効にする必要があります。ユーザーが必要ない場合は、最も重要なモジュールに対してオフにすることができます。これにより、脆弱性が緩和されます。(CVE-2022-24903)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ce3a7b24

http://www.nessus.org/u?438e68b6

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160684

ファイル名: freebsd_pkg_b9837fa1cd7211ec98f16805ca0b3d42.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/5/7

更新日: 2022/5/18

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24903

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:rsyslog, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/6

脆弱性公開日: 2022/5/6

参照情報

CVE: CVE-2022-24903