Foxit PDF Reader < 11.2.2の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 160718

概要

リモートのWindowsホストにインストールされたPDFビューアーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バージョン情報によると、リモートWindowsホストにインストールされているFoxit PDF Reader (旧称:Foxit Reader) は、11.2.2より前です。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- 11.2.2 より前の Foxit PDF Reader および PDF Editor には、クラッシュを引き起こす、型の取り違え (Type Confusion) の問題があります。これは JavaScript 実行中の Unsigned32 の処理が不適切なことが原因です。(CVE-2022-30557)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Foxit PDF Readerをバージョン11.2.2以降にアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?a27a3e57

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160718

ファイル名: foxit_reader_11_2_2.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/5/9

更新日: 2022/5/23

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-30557

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:foxitsoftware:foxit_reader

必要な KB アイテム: installed_sw/Foxit Reader, SMB/Registry/Enumerated

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/9

脆弱性公開日: 2022/5/9

参照情報

CVE: CVE-2022-25641, CVE-2022-28669, CVE-2022-28670, CVE-2022-28671, CVE-2022-28672, CVE-2022-28673, CVE-2022-28674, CVE-2022-28675, CVE-2022-28676, CVE-2022-28677, CVE-2022-28678, CVE-2022-28679, CVE-2022-28680, CVE-2022-28681, CVE-2022-28682, CVE-2022-28683, CVE-2022-30557

IAVA: 2022-A-0211