KB5013943: Windows 11 のセキュリティ更新プログラム (2022 年 5 月)

critical Nessus プラグイン ID 160930

概要

リモートの Windows ホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストにセキュリティ更新プログラム5013943がありません。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます

- Windows LDAP リモートコード実行の脆弱性 (CVE-2022-22012, CVE-2022-22013, CVE-2022-22014, CVE-2022-29128, CVE-2022-29129, CVE-2022-29130, CVE-2022-29131, CVE-2022-29137, CVE-2022-29139, CVE-2022-29141)

- Windowsカーネルの権限昇格の脆弱性 (CVE-2022-29133)

- Windows Graphics Component リモートコード実行の脆弱性 (CVE-2022-26927)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

セキュリティ更新プログラム5013943を適用してください。

参考資料

https://support.microsoft.com/help/5013943

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 160930

ファイル名: smb_nt_ms22_may_5013943.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2022/5/10

更新日: 2022/10/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 9.3

現状値: 8.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-29130

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/10

脆弱性公開日: 2022/5/10

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/7/22, 2022/9/8

参照情報

CVE: CVE-2022-21972, CVE-2022-22012, CVE-2022-22013, CVE-2022-22014, CVE-2022-22015, CVE-2022-22016, CVE-2022-22017, CVE-2022-22019, CVE-2022-23270, CVE-2022-23279, CVE-2022-24466, CVE-2022-26913, CVE-2022-26923, CVE-2022-26925, CVE-2022-26926, CVE-2022-26927, CVE-2022-26930, CVE-2022-26931, CVE-2022-26933, CVE-2022-26934, CVE-2022-26935, CVE-2022-26936, CVE-2022-26940, CVE-2022-29103, CVE-2022-29104, CVE-2022-29112, CVE-2022-29113, CVE-2022-29114, CVE-2022-29115, CVE-2022-29116, CVE-2022-29121, CVE-2022-29125, CVE-2022-29126, CVE-2022-29127, CVE-2022-29128, CVE-2022-29129, CVE-2022-29130, CVE-2022-29131, CVE-2022-29132, CVE-2022-29133, CVE-2022-29137, CVE-2022-29139, CVE-2022-29140, CVE-2022-29141, CVE-2022-30138

IAVA: 2022-A-0203-S, 2022-A-0204-S

MSFT: MS22-5013943

MSKB: 5013943