Amazon Linux 2 : containerd (ALASNITRO-ENCLAVES-2022-015)

high Nessus プラグイン ID 160992

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているcontainerdのバージョンは1.4.6-8より前のものです。したがって、ALAS2NITRO-ENCLAVES-2022-015 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- containerd はコンテナランタイムであり、Linux および Windows 用のデーモンとして利用可能です。バージョン 1.6.1、1.5.10、および 1.14.12より前の Containerd にバグが見つかりました。この問題により、特別に細工されたイメージ構成を持つ Linux 上の containerd の CRI 実装を通じて起動されたコンテナが、ホスト上の任意のファイルおよびディレクトリの読み取り専用コピーにアクセスする可能性があります。これにより、コンテナセットアップ (Kubernetes Pod セキュリティポリシーを含む) でのポリシーベースの実施がバイパスされ、機密情報が漏洩する可能性があります。
Kubernetes と crictl はどちらも、containerd の CRI 実装を使用するように構成できます。このバグは、containerd 1.6.1、1.5.10 および 1.4.12で修正されました。この問題を解決するには、ユーザーがこれらのバージョンに更新する必要があります。
(CVE-2022-23648)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

「yum update containerd」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALASNITRO-ENCLAVES-2022-015.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-23648.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 160992

ファイル名: al2_ALASNITRO-ENCLAVES-2022-015.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/5/11

更新日: 2022/5/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-23648

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:containerd, p-cpe:/a:amazon:linux:containerd-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:containerd-stress, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/4

脆弱性公開日: 2022/3/3

参照情報

CVE: CVE-2022-23648