Apache Tomcat 9.0.0.M1< 9.0.21の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 161159

概要

リモートのApache Tomcatサーバーは、脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Tomcat のバージョンは9.0.21より前です。したがって、fixed_in_apache_tomcat_9.0.21_security-9 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Apache Tomcat 8.5.0から 8.5.75または Apache Tomcat 9.0.0.M1から 9.0.20を実行しているときに、Web アプリケーションが WebSocket 接続の終了と同時に WebSocket メッセージを送信すると、アプリケーションはそのソケットが閉じられた後もソケットを使用し続ける可能性があります。この場合に発生するエラー処理により、プールされたオブジェクトがプールに 2 回配置される可能性があります。これにより、その後の接続で同じオブジェクトが同時に使用され、データが返されて不適切に使用されたり、その他のエラーが発生したりする可能性があります。(CVE-2022-25762)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Apache Tomcatバージョン9.0.21以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?cb880b39

http://www.nessus.org/u?d63625d1

http://www.nessus.org/u?6923945f

http://www.nessus.org/u?345e3801

http://www.nessus.org/u?deb227c6

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 161159

ファイル名: tomcat_9_0_21.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/5/13

更新日: 2022/5/25

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-25762

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.6

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apache:tomcat

必要な KB アイテム: installed_sw/Apache Tomcat

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/6/7

脆弱性公開日: 2019/6/7

参照情報

CVE: CVE-2022-25762