SAP NetWeaver AS ABAP の複数の脆弱性 (2022 年 1 月)

high Nessus プラグイン ID 161186

言語:

概要

リモートの SAP NetWeaver ABAP サーバーは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

SAP NetWeaver Application Server ABAPに、以下を含む複数の脆弱性が存在する可能性があります。

- URL の検証が不十分なため、SAP NetWeaver Application Server ABAP に URL リダイレクトの脆弱性があります。認証されていないリモート攻撃者がこれを悪用して、ユーザーを悪意のあるサイトにリダイレクトし、ユーザーを騙して個人情報を漏洩させる可能性があります。(CVE-2022-28215)

SAP NetWeaver Application Server ABAP にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。認証されたリモート攻撃者はこれを悪用して、悪意あるファイルをアップロードして、テーマデータを削除し、ユーザーのブラウザセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2022-29610)

SAP NetWeaver Application Server ABAP に承認チェックが欠落しているため、権限昇格の脆弱性が存在します。認証されたリモート攻撃者がこれを悪用し、ABAP リスト出力の内容を適切な承認チェックをせず、電子メールを介して SAP Business System のシステムメニューから送信する可能性があります。(CVE-2022-29611)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?83816031

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3146336

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3165333

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3165801

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 161186

ファイル名: sap_netweaver_as_abap_may_2022.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/5/13

更新日: 2022/6/20

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-29611

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:sap:netweaver_application_server

必要な KB アイテム: installed_sw/SAP Netweaver Application Server (AS), Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/9

脆弱性公開日: 2022/5/9

参照情報

CVE: CVE-2022-28215, CVE-2022-29610, CVE-2022-29611

IAVA: 2022-A-0192-S