Sophos XG Firewall User Portal および Webadmin の認証バイパス (CVE-2022-1040)

critical Nessus プラグイン ID 161189

概要

ファイアウォールは、認証バイパスの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストの Sophos XG ファイアウォールソフトウェアまたはアプライアンスは認証バイパスの脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者が、特別な細工をしたメッセージを介し、これを悪用して、任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

影響を受けるシステムに回避策またはベンダーが提供するホットフィックスを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ddc1a2cb

http://www.nessus.org/u?337dfb6a

http://www.nessus.org/u?e0fdfc64

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 161189

ファイル名: sophos_xg_firewall_cve-2022-1040.nbin

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/5/13

更新日: 2022/6/28

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1040

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:sophos:xg_firewall_firmware

必要な KB アイテム: installed_sw/Sophos XG Firewall

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2022/3/25

脆弱性公開日: 2022/3/25

CISAの既知の悪用日: 2022/4/21

参照情報

CVE: CVE-2022-1040