Cisco Unified Intelligence Center Log4j RCE

critical Nessus プラグイン ID 161213

概要

リモートホストに、ベンダー提供のセキュリティパッチがありません。

説明

自己報告されたバージョンによると、Cisco Unified Intelligence Center はリモートコード実行の脆弱性の影響を受けます。

- 構成、ログメッセージ、およびパラメーターで使用される 2.15.0(セキュリティリリース 2.12.2、2.12.3、および 2.3.1を除く) までの Apache Log4j2 2.0-beta9 の JNDI 機能は、攻撃者が制御する LDAP およびその他の JNDI 関連のエンドポイントから保護しません。メッセージ検索置換が有効な場合、ログメッセージまたはログメッセージパラメーターを制御できる攻撃者が、LDAP サーバーからロードされた任意のコードを実行する可能性があります。log4j 2.15.0以降、この動作はデフォルトで無効になっています。バージョン 2.16.0(2.12.2、2.12.3、および 2.3.1に加えて) から、この機能は完全に削除されました。この脆弱性は log4j-core に固有のものであり、log4net、log4cxx、またはその他の Apache Logging Services プロジェクトには影響しません。
(CVE-2021-44228)

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。

ソリューション

パッチを適用するか、Cisco バグ ID CSCwa46525 で推奨されているバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?395cf983

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCwa46525

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 161213

ファイル名: cisco-sa-apache-log4j-qRuKNEbd-cuic.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/5/16

更新日: 2022/5/17

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-44228

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:cisco:unified_intelligence_center:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, installed_sw/Cisco Unified Intelligence Center (CUIC)

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/23

脆弱性公開日: 2021/12/10

CISAの既知の悪用日: 2021/12/24

参照情報

CVE: CVE-2021-44228