SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:tiff (SUSE-SU-2022:1667-1)

high Nessus プラグイン ID 161223

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLES12ホストには、SUSE-SU-2022:1667-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- libtiff バージョン 3.9.0~ 4.3.0の tif_dirread.c の TIFFFetchStripThing() にある memcpy() 関数に NULL ソースポインターが渡されると、細工された TIFF ファイルを介してサービス拒否が発生する可能性があります。ソースから libtiff をコンパイルするユーザーの場合、修正はコミット eecb0712 で利用可能です。
(CVE-2022-0561)

- libtiff バージョン 4.0~ 4.3.0の tif_dirread.c の TIFFReadDirectory() にある memcpy() 関数に NULL ソースポインターが渡されると、細工された TIFF ファイルを介してサービス拒否が発生する可能性があります。ソースから libtiff をコンパイルするユーザーの場合、修正はコミット 561599c で利用可能です。(CVE-2022-0562)

- libtiff 4.3.0の tiffcp のアサーションが到達可能なため、攻撃者が細工された tiff ファイルを介してサービス拒否を引き起こす可能性があります。ソースから libtiff をコンパイルするユーザーの場合、修正はコミット 5e180045 で利用可能です。
(CVE-2022-0865)

- libtiff ライブラリバージョン 4.3.0の tiffcrop.c の ExtractImageSection 関数のヒープバッファオーバーフローにより、攻撃者が、細工された TIFF 画像ファイルを介して、安全でない領域外のメモリアクセスをトリガーし、アプリケーションのクラッシュや情報漏洩を引き起こしたり、その他のコンテキスト依存の影響を与えたりする可能性があります。(CVE-2022-0891)

- libtiff バージョン 4.3.0までの tif_dirread.c の TIFFFetchNormalTag () にある memcpy() 関数に NULL ソースポインターが渡されると、細工された TIFF ファイルを介してサービス拒否が発生する可能性があります。
(CVE-2022-0908)

- libtiff 4.3.0の tiffcrop のゼロ除数のエラーにより、攻撃者が、細工された tiff ファイルを介してサービス拒否を引き起こすことが可能です。ソースから libtiff をコンパイルするユーザーの場合、修正はコミット f8d0f9aa で利用可能です。
(CVE-2022-0909)

- libtiff 4.3.0の tiffcp の領域外読み取りのエラーにより、攻撃者が、細工された tiff ファイルを介してサービス拒否を引き起こすことが可能です。ソースから libtiff をコンパイルするユーザーの場合、修正はコミット 408976c4 で利用可能です。
(CVE-2022-0924)

- libtiff 4.3.0の tiffcrop の領域外読み取りのエラーにより、攻撃者が、細工された tiff ファイルを介してサービス拒否を引き起こすことが可能です。ソースから libtiff をコンパイルするユーザーの場合、修正はコミット 46dc8fcd で利用可能です。
(CVE-2022-1056)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける libtiff-devel、libtiff5、libtiff5-32bit や tiff パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1195964

https://bugzilla.suse.com/1195965

https://bugzilla.suse.com/1197066

https://bugzilla.suse.com/1197068

https://bugzilla.suse.com/1197072

https://bugzilla.suse.com/1197073

https://bugzilla.suse.com/1197074

https://bugzilla.suse.com/1197631

http://www.nessus.org/u?c92ed81e

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0561

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0562

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0865

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0891

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0908

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0909

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-0924

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-1056

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 161223

ファイル名: suse_SU-2022-1667-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/5/17

更新日: 2022/5/17

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0891

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 6.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:L/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libtiff-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libtiff5, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libtiff5-32bit, p-cpe:/a:novell:suse_linux:tiff, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/16

脆弱性公開日: 2022/2/11

参照情報

CVE: CVE-2022-0561, CVE-2022-0562, CVE-2022-0865, CVE-2022-0891, CVE-2022-0908, CVE-2022-0909, CVE-2022-0924, CVE-2022-1056

SuSE: SUSE-SU-2022:1667-1