Cisco Expressway Series / TelePresence VCS の複数の脆弱性 (cisco-sa-expressway-filewrite-bsFVwueV)

high Nessus プラグイン ID 161604

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

Cisco Expressway Series および Cisco TelePresence Video Communication Server (VCS) の API と Web ベースの管理インターフェイスに複数の脆弱性があるため、認証されたリモート攻撃者が、次のように、影響を受けるデバイスでファイルを書き込んだり、機密情報を漏洩したりする可能性があります。

- 読み取り/書き込み権限を持つ認証されたリモート攻撃者が、クラスターデータベース API の脆弱性を悪用して、機密情報を漏洩し、部分的なサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2022-20806)

- 読み取り/書き込み権限を持つ認証されたリモート攻撃者が、ファイル解析ロジックの脆弱性を悪用して、機密情報を漏洩する可能性があります。(CVE-2022-20807)

- 認証されたリモート攻撃者が、ログインコンポーネントの脆弱性を悪用して、機密情報を漏洩する可能性があります。(CVE-2022-20809)

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCvz71486、CSCwa25061、CSCwa25106 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?0295c806

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvz71486

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCwa25061

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCwa25106

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 161604

ファイル名: cisco-sa-expressway-filewrite-bsFVwueV.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/5/27

更新日: 2022/10/11

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20806

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 6.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:cisco:telepresence_video_communication_server, cpe:/a:cisco:telepresence_video_communication_server_software

必要な KB アイテム: Cisco/TelePresence_VCS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/18

脆弱性公開日: 2022/5/18

参照情報

CVE: CVE-2022-20806, CVE-2022-20807, CVE-2022-20809

CISCO-BUG-ID: CSCvz71486, CSCwa25061, CSCwa25106

CISCO-SA: cisco-sa-expressway-filewrite-bsFVwueV

IAVA: 2022-A-0218-S

CWE: 73, 532, 611