Ubuntu 16.04ESM : libXv の脆弱性 (USN-5449-1)

critical Nessus プラグイン ID 161630

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 16.04ESM ホストには、USN-5449-1 のアドバイザリに記載された脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 1.0.11より前の X.org libXv の (1) XvQueryAdaptors および (2) XvQueryEncodings 関数により、リモートの X サーバーが、受信データの長さ仕様を含むベクトルを介して領域外メモリアクセス操作を発生させる可能性があります。(CVE-2016-5407)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける libxv-dev や libxv1 パッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5449-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 161630

ファイル名: ubuntu_USN-5449-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/5/27

更新日: 2022/5/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-5407

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:2.3:a:canonical:ubuntu_linux:libxv1:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:canonical:ubuntu_linux:libxv-dev:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:esm:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/26

脆弱性公開日: 2016/10/5

参照情報

CVE: CVE-2016-5407

USN: 5449-1