nginx R8 < R18-P1 の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 161697

概要

リモートのWebサーバーは、複数のサービス拒否の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、インストールされている Nginx Plus のバージョンは、R18-P1 (Open Source バージョン 1.15.10で構築) より前の R8 (Open Source バージョン 1.9.9で構築) です。このため、複数のサービス拒否脆弱性の影響を受けます。

- 例外的な状態が不適切に処理されているため、HTTP/2プロトコルスタックにサービス拒否の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、大きなデータリクエストのウィンドウサイズとストリーム優先度を操作することで、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-9511)

- 例外的な状態が不適切に処理されているため、HTTP/2プロトコルスタックにサービス拒否の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、複数のリクエストストリームを作成し、ストリーム優先度を継続的に入れ替えて、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-9513)

- 例外的な状態が不適切に処理されているため、HTTP/2プロトコルスタックにサービス拒否の脆弱性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、ゼロレングスのヘッダー名とゼロレングスのヘッダー値を持つヘッダーのストリームを送信することで、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-9516)

ソリューション

Nginx Plus バージョン R18-P1 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://docs.nginx.com/nginx/releases/

http://www.nessus.org/u?b562be58

http://www.nessus.org/u?5ca4073f

http://www.nessus.org/u?98fc786c

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 161697

ファイル名: nginx_plus_r18p1.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/5/31

更新日: 2022/5/31

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-9511

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:nginx:nginx

必要な KB アイテム: installed_sw/nginx

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/8/13

脆弱性公開日: 2019/8/13

参照情報

CVE: CVE-2019-9511, CVE-2019-9513, CVE-2019-9516